相続税の対策に不動産小口化商品のご案内

皆様こんにちは。 預貯金は相続財産の評価を下げることができませんので、不動産を購入して、相続税の財産評価を下げることが行われます。 ただ、不動産を購入したことがない人にとっては、具体的な不動産を買うことに抵抗もあるでしょうし、怖い、ということもあるでしょう。予算の中で買えるものはリスクもないとは言えません。 そうした場合に、表参道などの一等地の一流の商業賃貸ビルを、小分け持ち分にして買うことができる商品が、不動産小口化商品です。 保有期間中は3%程度、賃貸収入から配当もあり、預金利子よりも遥かに旨味もあり、不動産価格は市場市況により上下するものではありますが、一等地で安定した賃貸事業を行っている賃貸物件については、極めてリスクは低いと言えます。 不動産を購入することで相続税対策を考えている場合には、検討する勝ちのある方法と思います。 生前贈与と組み合わせれば更に有効な相続税対策にすることもできます。 ぜひご興味がある方は遠慮なくお問い合わせくださいませ。
pagetop